toggle
2018-08-12

No.65【申し訳ございません】先日お客様のご希望に添えなかった事がありました。



ティアラのオープニングスタッフとして参加後、現在ティアラのクリエイティブディレクターとして店の管理、スタッフ教育に勤め、スタイリストとしても、スタイル発信、ブログ・SNSに力を入れており、独自の個人ブランディングを築き上げている。
また、フレアグループの幹部として、全体の組織の管理や運営面も携わり、講習活動も数多く活動し、若手スタイリストの教育を得意としていることで、セミナーのリピートも多い。
2016年より、東京、大阪に続き結成された福岡ブレンドの初期メンバーにも抜擢され、福岡はもとより、九州の美容業界の教育問題を解消する働きを初める。

こんばんは。

もうこんな時間。

カナリお久しぶりの投稿です。

 

今回の内容は先日本当にあった出来事を書きたいと思います。

本来なら書かなくてもいい事だと思うのですが。

 

お客様に対して、、、僕の反省の気持ちを込めて書きたいと思います。

 

先日このようなお客様がご来店されました。

 

毎回白髪染をしていて飽きたから髪の毛の色を明るくしたい。

お友達が白髪があって、でも明るくしてたから私もやってみたいとの事。

 

今より少し明るくしたい。

 

実際のお客様の髪質や履歴を聞いた所、、、2〜3週間に1回白髪染めをしている。

ホームカラーや家の近くの美容室でカラーをしている。

 

その上デジタルパーマもかけている。

次回はデジタルパーマをかけたい。

 

と言う情報の元、、、カウンセリングをして今後の事を考えてカラーに入りました。

 

お時間が大丈夫との事だったのでカラーを塗り始めている途中に時間指定が、、、。

◯◯時までに店を出たい。

その時点で塗り始めて仕上がり時間まで残り時間45分を切っていました。

早く塗り終わっても15分以上は放置時間としておかなければならない。

本来ならばもう少し髪の毛の明るさを見ながら時間をおきたい。

 

お急ぎだという事で少し早めにシャンプーに取り掛かりました。

 

白髪はしっかりと染めたいと言うご要望。

でも毛先は明るくしたい。

 

僕個人的にはこの時間指定に対しての結果はこのくらいかなと感じていて

短縮しての仕上がりは良い方かなと感じていました。

 

が、、、しかし、、、お客様からのご指摘は、、、。

 

友達はもっと明るく出来ていた。

 

だから私も出来ると期待していた。

難しいんでしょうね。

白髪を明るくする事は。と。。。。。。。。。。。。

もういいです。もう。と。。。。。。。。。。。。。

 

綺麗に染まったかなと感じていましたが。

 

完全に僕のカウンセリング不足です。

 

毎回ブログでお客様から言われた嬉しかった事や感動秘話を書いたりしていたのですが、、、

 

実際にこのようなご指摘を受ける事もあります。

 

お客様のお悩みや理想を叶えたい。

だからこうやって気になる事を言ってもらいたい。

 

遠慮せずに。

 

僕は技術者なので完璧に近いぐらいに仕上げたい。

 

気に入らなかったらもう一度チャンスをください。

 

僕自身毎回、お客様に納得して帰ってもらいたいから。

 

絶対に妥協はしたくない。

 

今回の件も僕は本当に勉強になりました。

僕の説明や、カウンセリングの仕方。。。

 

もっとお客様にわかりやすく。。。

もっとクオリティーが高い仕事ができるように。

期待してご来店してくださってる以上は期待を超えたい。

 

ではまた書きます。

 

 

 

 

 

LINEで送る

24時間予約OKのweb予約はこちら

お電話はこちら092-552-4274

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です